『建築から不動産まで』
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
鎌倉に住む 3
 あっという間の2月でした。
目が回るというのはこういうことをいうのかも、と思うぐらいに
追われた毎日でした。。。ありがたいことです。

少し春の気配を感じるこの頃だというのに、
一昨日はあいにくの冷たい雨の中、鎌倉の敷地へいってきました。

昨夏から土地探しのお手伝いを始めて、半年かけて出会った土地に、
ただいま住宅の実施設計中です。


まだ何にもない土地ですが、図面を描いて、打ち合わせをして、
クライアントと一緒に、理想の家をカタチにしていく作業は、
手間のかかるプロセスですが、とても楽しい時間です。

不動産仲介・設計の仕事をしていると、その対比で
それぞれのおもしろさ・大変さを改めて感じたりします。


今秋の引き渡し予定とまだまだ先ですが、できあがりが楽しみです。
鎌倉に住む2 の続編
去年の冬に土地探しをお手伝いした住宅が、完成しました。

建物の設計はアオイデザインではなく、仲の良い建築家仲間です。
(お客さんから設計依頼を受けて、土地探しを私に)


続きを読む >>
不動産仲介のカタチ
久しぶりの不動産記事のアップです。その間、
少しずつですが、あいかわらず仲介業務もおこなっていました。

とはいえ、広く不特定多数の人に向けてというよりは、
知り合いや、物件探しの感覚を共有してくれる人と、
じっくり時間をかけて、というカタチに変わってきています。

不動産仲介の成果は、ややもすると宝くじ的なものになってしまうので、
少人数でも、じっくり向き合ってプロセスを築いていけるということは、
私にとってとても有り難いことです。

考えてみれば、建築設計の仕事は長い時間をかけて、
クライアントと一緒に建物をカタチにしていくわけですから、
その方が私には自然なのかなと思ったりします。


それはさておき、
写真は先日仲介をした馬事公苑近くのマンション、パシフィック馬事公苑前。
この辺りは本当に緑が多くて、住環境として羨ましいかぎりです。


窓の前は木々。まるで森の中に生活しているよう。


駅から徒歩20分弱という離れた場所にもかかわらず、
三越・スターバックス・TSUTAYA・ロイヤルホスト・サミット、と
充実の施設群が公園や大きな街路樹と一帯に特別な街区を形成していて、
東京にこんな場所があるのか、と少しビックリしたりもします。

東京の物件探しも、まだまだ奥が深い。
RE.08 業者間の問い合わせ
いつかは書こうと思っていたことのひとつ、
不動産業務を始めて、かなりびっくりしたことを。

不動産業者間の問い合わせに関しては、
「元付け業者>客付け業者」
という暗黙のルールがあるようです。

これはあくまで「問い合わせ」に関してで、
交渉ごとについて、力関係があるということではないのですが。
続きを読む >>
RE.07 両手と片手
少し時間があきました。
RE.06の売買の仲介手数料の話の中でも少しふれた
両手・片手といわれる状況について。

元付業者が自社で買主をみつけた場合、
一業者での仲介となるわけですが、この場合、業者は、
仲介手数料を売主と買主からダブルで受け取ることになります。

これが、いわゆる「両手」といわれる状態です。
一方、売主側の元付業者と買主側の客付業者とで、
二社による共同仲介する場合は「片手」となります。
続きを読む >>